自動車を廃車するとはどういうこと?

自動車を廃車するとはどういうことでしょうか?
自動車の廃車手続きは永久抹消手続きをすることを指します。
現在、走行中の車や家に放置してある車、ナンバーがついてない車も車があるのであればそれは「廃車をしていない」ということになります。

廃車する時ってどんな時?

・事故や故障の修理代が車の価格を超える時
・車の買い替え時に下取り価格がつかない時
・倉庫や庭に放置してある車を処分したい時
・今後、乗る予定がない時
など

よくある廃車の悩み・疑問

・廃車にするときはどんな時?
・廃車はどこに依頼するの?
・廃車にお金はかかるの?

それでは、永久抹消とはどういうことでしょうか。

永久抹消とは

永久抹消とは陸運局での手続き申請となります。永久抹消手続きをするにはナンバープレートの返却と自動車が解体済みであることが条件となります。永久抹消をするための条件として車が自動車解体業者により自動車が解体されていることが条件となります。そのため、『廃車する』といった言葉には自動車を自動車解体業者に引き取ってもらい、自動車の解体作業のあと、陸運局での永久抹消手続きをすることまでを意味しています。

今は乗らないが、将来また乗る可能性がある車両は一時抹消手続きをします。

一時抹消手続きとは

一時抹消登録とは車輌を残し、登録を取り消すことになります。登録を取り消すと「自賠責保険」や「自動車税」がかからないので節約することができます。乗る予定はないが、車は手放したくないという時は一時抹消登録をしておきます。

よく、ナンバーがついてない車が畑や空き地に放置してありますが、あれは一時抹消手続きをし廃車(永久抹消)をしていない車ということになります。よく中古車屋さんではナンバーのついてない車が展示されていますが、あの車両も一時抹消手続きをしたお車ということなります。一時抹消手続きをしておき、コストを削減し販売する時に再度登録手続きをしてお客様へ渡しているのです。

一時抹消手続きも陸運局での申請が必要です。ナンバープレートを返却し、一時抹消の申請を行います。再度登録手続きをすれば、またナンバーをつけて走ることもできることもできます。ナンバーをつけたまま自動車を放置していると毎年、自動車税がかかりますので、しばらく乗らなくなった車は一時抹消手続きをして車を保管します。

一時抹消をしてある車も最終的に処分する時は永久抹消手続きをする必要があります。

自動車解体業者とは

自動車解体業者とは自動車リサイクル法に基づく許認可を得た事業者です。廃車となる車は使用済み自動車として自動車解体業者が引取り、フロンガスの回収やエアバックの回収、そしてまだ使用できる自動車部品や希少金属を再度市場に戻すことをしています。

廃車の手続きには自動車解体業者から『移動報告番号』、『解体報告日』の情報をもらう必要があります。自動車解体業者で解体作業が完了していないお車は永久抹消手続きをすることができません。

一般的な廃車の流れ

1
一時抹消手続き

陸運局にナンバーの返却

2
解体作業

自動車解体業者による解体作業

3
永久抹消手続き

陸運局で廃車手続き

多くの廃車手続きではこの流れで廃車手続きを行います。一時抹消をせず、解体を実施し永久抹消をすることも可能ですが、自動車の解体作業には納期がかかるため、先に一時抹消手続きをすることで「自賠責保険」や「自動車税」の還付を受け取ることができます。
例えば自動車の解体作業を納期が1ヶ月かかる場合、戻ってくる還付金が1ヶ月分減ってしまうことなります。

廃車の状況を確認する方法

廃車の業者に委託した車の処理状況をこちら確認することができます。自動車リサイクルシステムで対象車輌の車台番号とリサイクル番号もしくはナンバーを入力することで確認いただけます。

>>自動車リサイクルシステムはこちら

廃車を依頼する業者の探し方

廃車は使用済み自動車として引き取り業者に依頼することができます。最寄りの引き取り業者はこちらから探すことができます。

引取業者を調べたい方はこちら

調べ方はこちらの順にクリック
→知って安心! 自動車リサイクルの疑問
→使用済自動車として手放す時どうする?
→引取業者を調べたい方はこちら

廃車にかかる費用

  • 自動車解体作業費(自動車解体業者による自動車の解体作業費)
  • 運搬費(自動車を解体業者まで運ぶレッカー費)
  • 登録手数料(陸運局で必要な手数料)
  • 代行手数料(手続きを代行してもらう手数料)

このように一台の車を廃車にするとさまざまな費用がかかります。
自動車をリサイクルすることで得る収益でこのような作業をすべて無料で引き取ります!といった業者もありますので無料の廃車引き取りサービスを活用しましょう!