自動車税は、毎年4月1日時点の車の所有者に対して、4月1日から翌年3月までの1年分がまとめて課税されます。毎年5月に納税通知書が届くようになっています。自動車税の還付金は各自動車県税から支払われます。年度の途中で車を廃車にした場合、残りの期間分を返金してもらうことができます。

自動車税の返戻金早見表

自動車税の返戻金は、以下表にてご確認ください。

排気量年税額4月5月6月7月8月
1000cc以下29,50027,00024,50022,10019,60017,200
1001~1500cc34,50031,60028,70025,80023,00020,100
1501~2000cc39,50036,20032,90029,60026,30023,000
2001~2500cc45,00041,20037,50033,70030,00026,200
2501~3000cc51,00046,70042,50038,20034,00029,700
3001~3500cc58,00053,10048,30043,50038,60033,800
3501~4000cc66,50060,90055,40049,80044,30038,700
4001~4500cc76,50070,10063,70057,30051,00044,600
4501~6000cc88,00080,60073,30066,00058,60051,300
6000cc以上111,000101,70092,50083,20074,00064,700
排気量9月10月11月12月1月2月
1000cc以下14,70012,2009,8007,3004,9002,400
1001~1500cc17,20014,30011,5008,6005,7002,800
1501~2000cc19,70016,40013,1009,8006,5003,200
2001~2500cc22,50018,70015,00011,2007,5003,700
2501~3000cc25,50021,20017,00012,7008,5004,200
3001~3500cc29,00024,10019,30014,5009,6004,800
3501~4000cc33,20027,70022,10016,60011,0005,500
4001~4500cc38,20031,80025,50019,10012,7006,300
4501~6000cc44,00036,60029,30022,00014,6007,300
6000cc以上55,50046,20037,00027,70018,5009,200

自動車税の返還・返金手続き

自動車税の返還・返金を受けられる時

廃車には、一時的に車を使わない時の『一時抹消』と車を解体した時の『永久抹消登録』があります。
このどちらの場合も、月割計算された金額が戻ってきます。

自動車税の返還・返金方法

自動車税返還のための手続きは不要です。運輸支局で廃車手続き(一時抹消・永久抹消)手続きをすれば、自動的に手続きを済ませたことになります。

廃車の手続き(一時抹消・永久抹消)の後は、約1~2ヵ月後に印鑑証明書に記載された住所に「還付通知書」が届きますので、「還付通知書」と印鑑、身分証明書を持参して、金融機関でお金を受け取ってください。

自動車税・軽自動車の注意事項

車を手放す場合は確実に手続きが必要です。

廃車にする場合、抹消登録の手続きをしなくてはなりません。手続きをしないと税金がかかり続けます。また、車を他人に譲った場合も、登録変更をしなければ自分に税額の通知が届くことになります。確実に手続きを実施しましょう。

軽自動車税とは?

軽自動車は自動車税として毎年『軽自動車税』を払っていますが、軽自動車税については還付が受けられない制度になっています。軽自動車を廃車にするときは、自動車重量税の還付手続きを忘れないようにしましょう。